【2013年3月 6日】のアーカイブ

 春の陽気に誘われて、パレスサイドビルから九段の方にお堀端を10分足らず歩いて、千代田区役所1階のパン屋さんに寄ろうかと入ったら、1階奥の一角、「区民ホール」という仕切りもないスペースから、なにやら良い音色が聞こえてきました。「平和コンサート」と題して植村太郎さん(2005年の日本音楽コンクールバイオリンの部1位)が奏でる弦の音色でした=写真㊦。聴くことができたのは最後の2曲だけでしたが、よく知られるモンティの「チャルダッシュ」の、時にときめくような、あるいは哀愁を誘う音色を満喫しました。

 同じ場所で、写真展も開催中。もうすぐ来る、あの日のです。3.11もですが、東京都民には3.10は大事な日です。第2次大戦末期の1945(昭和20)年3月10日未明、300機もの米爆撃機B29が雨あられと降らせた焼夷弾によって、一夜にして10万人といわれる尊い命が失われた日です。それから68年目を前に、千代田区が「東京大空襲展~写真パネルと戦時下の資料展~」を開催中で、コンサートも、その関連イベントです。

 東京都生活文化局所蔵の当時の写真、昭和館所蔵の戦時中の資料などが並べられていますが、東京大空襲・戦災資料センター(早乙女勝元館長)提供の写真18枚のパネルが目を引きました。写真㊤はその中の1枚で、犠牲者の棺の前、ミシン台の上に焼香の香炉が置かれ、男性が拝んでいます。これらは2011年に新たに発見された写真ということで、「東方社写真部撮影」の説明がありました。東方社というのは1942年から1945年まで対外宣伝誌『FRONT』を発行した陸軍参謀本部の息がかかった出版社ということです。展示は明日3月7日で終わりです。夜20時まで。見たい方はお急ぎを。

 なお、東京大空襲・戦災資料センターは開館11周年を記念し、東京大空襲を語り継ぐつどいを3月9日13時、カメリアホール(JR亀戸駅北口2分)で開くそうです。定員400人=先着順、参加費:500円、ホームページ「http://www.tokyo-sensai.net/info/info2013/info2013-02.html」参照。

 3.11と同様、平和に感謝しながら、その時に起きたことを記憶にとどめていくために、久しぶりにこうした写真を見ることができて、本当に良かったと思います。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

March 2013

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑