【2019年11月】のアーカイブ

 皇居の紅葉を楽しめる令和初の「乾通りの一般公開」が、11月30日、いよいよ始まります。21日からは大嘗宮(だいじょうきゅう)の参観も始まっています(いずれも12月8日まで)。パレスサイドビルは通常の日曜は閉まっていますが、12月1日は特別に開館。レストランなども営業しますので、紅葉と大嘗宮を愛でた後は、ぜひお立ち寄りください。(写真㊤は過去の乾通り公開時の様子)

 大嘗宮参観は期間中、午前9時~午後4時(入場は午後3時まで)、坂下門から入り、宮内庁庁舎前を右折して富士見櫓下を進んだ後、皇居東御苑の大手門、平川門または北桔橋門から出ます。

 乾通り公開は午前9時~午後3時30分(入場は午後3時まで)、坂下門から入り、宮内庁庁舎前を直進した後乾通りを経て乾門から出るほか、乾通りの途中にある西桔橋から皇居東御苑に出て大手門、平川門、北桔橋門から出ることも可能です。なので、乾通り開放期間中、東御苑もいつもは休みの月曜、金曜は臨時に開園です。

 乾通り一般公開期間中は、乾通りの途中にある西桔橋から大嘗宮参観ルートへ合流することもできます。(詳しくは宮内庁ホームページを参照 http://www.kunaicho.go.jp/event/inui-r01aki.html)

 写真㊦は11月22日の毎日新聞朝刊東京都内版。大嘗宮の参観初日の様子を報じています。記事によると、1日で1万9550人が訪れたそうです。

 大嘗宮は皇位継承に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮の儀」が行われた舞台です。悠紀殿(ゆきでん)、主基殿(すきでん)など大小約30の建物が左右対称に並び、14、15日の儀式では計約5時間半にわたり国と国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったとのこと。一般公開後には取り壊されます。

 乾通りの公開は、当時の天皇陛下(上皇様)が2013年12月に80歳の傘寿を迎えられたことを記念して2014年春のサクラのシーズンに第1回目が実施され、好評だったことから、その後、春のサクラと秋(冬)の紅葉を楽しめる恒例行事になりました。令和になっても継続です。

 毎日新聞は乾通り開放に合わせ、30日夕刊にカラー広告特集を掲載予定で、紅葉の説明などとともに、パレスサイドビルの案内も載る予定です。期間中、ビル1階などで、この特集ページを特別に印刷して配布するとのことです。皇居からお帰りの途中に、ぜひパレスサイドビルにもお立ち寄りください。

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビルの全テナントで組織する共同防火・防災管理協議会が秋の総合消防訓練を11月22日に実施しました。毎年春と秋の全国火災予防運動(今回は11月9~15日)の時期に行う恒例イベントですが、今回は生憎の雨で、屋上での屋内消火栓を使った放水訓練などは中止になり、屋上の出入り口から外に向かって消火器を放射する訓練などを何とか実施しました=写真。今回も東京消防庁のVR(仮想現実)防災体験車も派遣していただき、映像や揺れを感じながら火災を疑似体験しました。・IMG_20191122_144200.jpg

 午後2時30分に「震度6強の地震が発生した」との訓練開始を知らせる館内放送(日本語と英語)で訓練が始まりました。机の下にかくれる身体防護、揺れが収まったら火元の確認、緊急点検、被害状況の把握など初動措置を、それぞれのテナントで実施。続いて、「8階で出火して延焼した」として避難勧告放送が流れたのを受け、各テナントから、ヘルメットをかぶった人たちが非常階段などを使って1階まで避難しました=写真IMG_20191122_150425.jpg

 この後、東エレベーター塔の最上階に各テナントの防火防災管理者など一部 の方に集まっていただき、規模を縮小して限られたメニューの中から、チャレンジしきました。麹町消防署の指導を受け、AEDを実際に使った蘇生の練習などにも汗を流しました=写真㊨㊦(本当に汗が出るには至らない寒さでしたが・・・)

 こうした最上階の訓練と並行して、VR防災体験車が西玄関前に登場し、事前に申し込んだ方たちが、8人ずつ、順番に体験しました=写真