トラベルニュースサイト『旅色+(たびいろプラス)』にパレスサイドビルが登場しました。「今見るべき! 高度経済成長期生まれな"いいビル"」というシリーズの第5回、「高度経済成長期生まれな皇居周辺の"いいビル"」の堂々トップを飾っています=写真㊤。

 『旅色+』は、創刊10年超の電子雑誌『旅色』が、「わくわくする旅情報が見つかる!」をコンセプトに、旅行プランやスポット、流行のスタイルや最新トレンドなど、さまざまな旅に関するニュースを発信している情報サイトで、主なターゲットは20~30代の女性とのこと。今回の企画は、「高度成長期の日本で、のびのびと楽しくデザインされたプロダクトや建築と独特の文化が生まれた」として、今見ておくべきビルを街ごとに3~4件ずつ紹介するもの。

旅色2.jpg シリーズ第1回の「東京」(8月2日、ニュー新橋ビル等)を皮切りに、「中野」(8月28日、中野サンプラザ等)、「浅草」(9月25日、ゆうらくビル等)、「北海道」(10月 30日、北海道庁等)ときて、12月3日アップの第5回は「皇居周辺」。パレスサイドビルのほかに、科学技術館、九段ビルも紹介されています。

 最近は名建築とされるビルなどを紹介する本も結構出ていて、パレスサイドビルもよく取り上げていただきますが、今回の企画も、登場するのは「定番」といえるビルが多いようです。

 パレスサイドビルの紹介部分は、冒頭の外観に続き、西玄関の大庇(通商「アンブレラ」)、東西コア(円筒)のエレベーターホール、1階と地下1階の吹き抜け部分を結ぶ「夢の階段」を写真付きで解説=写真㊧。「1966年竣工の巨大なパレスサイドビルは、毎日新聞社の東京本社も入居しているため、地下に印刷工場(現在は別の印刷工場が稼働中)を備えています。竹橋駅と直結なので誰もが気軽に入れて、テナントの飲食店でランチがてら、飲み会がてら、いろんなディテールをじっくり見られるのが嬉しい」との書き出しで、「外壁の一部にはパレスサイドビル用に開発した特殊レンガを使用」「エレベーターホールは宇宙ステーションさながら」「1階と地下を結ぶ階段は手すり周りのデザインが煌めく銀河のようでクール」などと書いていただいています。

comment(0) , trackback(0)

 皇居の紅葉を楽しめる「乾通りの一般公開」が連日にぎわっています。写真㊤は12月1日の毎日新聞朝刊東京都内版。乾通り公開初日の様子を報じています。記事によると、1日で7万1792人が訪れたとのことですから、凄いですね。並行して大嘗宮(だいじょうきゅう)の参観も行われていて、〝合わせ技〟で両方を楽しむ方も多いようです。いずれも12月8日までですので、行こうと思っている方はお早めに。

 乾通り公開は午前9時~午後3時30分(入場は午後3時まで)、坂下門から入り、宮内庁庁舎前を直進した後乾通りを経て乾門から出るほか、乾通りの途中にある西桔橋から皇居東御苑に出て大手門、平川門、北桔橋門から出ることも可能です。

 大嘗宮参観は期間中、午前9時~午後4時(入場は午後3時まで)、坂下門から入り、宮内庁庁舎前を右折して富士見櫓下を進んだ後、皇居東御苑の大手門、平川門または北桔橋門から出ます。

 乾通りに入って、途中にある西桔橋から大嘗宮参観ルートへ合流することもできます。詳しくは宮内庁ホームページを参照(http://www.kunaicho.go.jp/event/inui-r01aki.html

 こういうコースですので、いずれにせよ、乾門、北桔橋門から出ると、竹橋方面に紀伊国坂を下りて来られる方も多く=写真㊦㊧、好天に恵まれた3日の昼は、地下1階、1階の飲食店には大勢の方が行列を作り、大混雑でした=写真㊦㊨

 毎度ご紹介していましが、乾通りの公開は、2013年12月に当時の天皇陛下(上皇様)が80歳の傘寿を迎えられたことを記念して2014年春のサクラのシーズンに実施、好評だったことから、春のサクラと秋(冬)の紅葉を楽しめる行事として定着、令和にも引き継がれました。

 毎日新聞は乾通り開放に合わせ、30日夕刊にカラー広告特集を掲載=写真㊨㊦。紅葉ガイドのほか、パレスサイドビルの案内も載っています。

 今週、お天気は7日(土)を除き、概ね好天の予報です。皇居においでの節はパレスサイドビルに是非、お立ち寄りください。(パレスサイドビルは日曜は休館です。12月8日も休館で、レストランなどお店は開いていませんのでご注意ください)