【2015年2月26日】のアーカイブ

 パレスサイドビルを出て江戸城(皇居)を散策・・・の続きです。

 1月22日、2月6日の当ブログで書いた中之門の大規模な修復(2005年8月~2007年3月)で、鳥取藩32万石の第3代藩主・池田吉泰による修復(1704年)の刻銘が出土したこと、その池田家は松平姓を名乗れるなど徳川家一門(親藩)に準ずる家格を与えられていたことを書きました。

 その刻銘には「因幡(いなば)伯耆(ほうき)両国主/松平右衛門督吉明(うえもんのかみよしあき)築之(これをきずく)」(吉明は吉泰の幼名とあります。「因幡」と「伯耆」という表記で「鳥取藩」の藩名はなし。鳥取藩は国としては因幡と伯耆の2国からなっていたということです。

 ちなみに、「藩」と「国」は全国いろいろで、呼び方もいろいろ。少し見てみると、例えば薩摩藩は「薩摩」「大隅」(鹿児島県)と「日向」(宮崎県の一部)からなり、版籍奉還(1869年)の後に定められた正式名称は鹿児島藩ですが、殿様の名前で島津藩と呼ぶ人もいます。長州藩は「周防」と「長門」で、藩庁が長門の萩に置かれたので萩藩ともいわれ、幕末・維新の時期には藩庁が周防の山口に移ったり、2次にわたる長州征伐に絡んで萩に戻ったりと、紆余曲折あり、周防山口藩と呼ばれることもあったそうです。

 ま、それぞれ呼び方はご自由に、って感じですが、鳥取の人には、先の刻銘というか、それを紹介した中之門前の説明(案内)板の解説が、ちょっと面白くないようです。鳥取県のオフィシャルサイトの東京本部のページに「コラム・鳥取ゆかりの地を訪ねて(江戸城本丸中之門)」という記事があり、以下のように書かれています(写真㊦http://www.pref.tottori.lg.jp/116517.htm)。

 「石垣修復後設置された新しい説明板には池田吉明が『鳥取藩主』とは書かれていません。刻銘に『因幡伯耆両国主』とあるものの、鳥取藩の業績であることがわかりにくいように感じます。同じ説明板で、万治元年(1658年)の修復を担当したのは『熊本藩主細川綱利』と説明されているだけに、少し残念な気持ちになるのは私だけでしょうか。」

鳥取ゆかりの地を訪ねて 中之門.jpg こんな書き込みの背景には、明治の廃藩置県の因縁があるようです。すなわち、1871(明治4)年、因幡・伯耆両国と隠岐国(隠岐の島)が鳥取県となった後、1876年に島根県に併合されたという歴史です。そして、鳥取側の士族を中心とした熱心な運動が実り、1881年に隠岐島を島根県に残して再び鳥取県として分離されたのです。だから、鳥取の人は今も「鳥取藩」としてのプライドを持っているのですね。参院選挙区の島根・鳥取合区論もありますが、廃藩置県の因縁、な~んてね。

 (一番上の地図は、「島根県下伯耆国全図」=48×69センチ、㊤=と「島根県下因幡国全図」=47×70センチ、。1881(明治14)出版された島根県時代の地図=鳥取県立図書館サイトより)

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

February 2015

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑