【2020年1月 7日】のアーカイブ

 新春恒例、パレスサイドビル自衛消防隊の出初式が7日午前、屋上で実施されました。

 ビルを管理する毎日ビルディングと、設備管理を受け持つグローブシップ、警備を担うアイングと東京センター、清掃を担当するセイビの各協力会社などから計約50人が参加。この日は朝からほとんど陽がささない生憎の天候。訓練開始の午前10時の気温は6.9度、北西の風2.7メートルとうすら寒い中でしたが、寒さを吹き飛ばすように(って、超絶の常套句ですが・・・)、元気に取り組みました。・・IMG_20200107_100645.jpg

 訓練は火災発生を想定した消火器による初期消火訓練、放水訓練、そして、けが人発生と想定した救出救護・応急手当訓練の3つです。

 消火器を使った訓練=写真㊤=は3人一組で、「火事だぁ~」「逃げてくださぁ~い」と大きな声をあげながら火元に近づき、安全ピンを抜いき、ノズルを・・IMG_20200107_100649.jpg的に向けて消火(消火剤でなく水を使用)。

 放水訓練は屋内消火栓の赤い箱を開け=写真㊨㊤、ホース抱えて火元へダッシュ=写真㊨、丸い的を水でキッチリ打ち抜きます=写真㊦

 救出救護・応急手当訓練は胸部圧迫とAEDによる心肺蘇生=写真末尾㊧、手足を骨折したけが人に見立てた人形に、段ボールとネクタイを使って手足を固定=写真末尾などしました。

 今年も、安心・安全なビルを目指して、地道に訓練を重ねます。