【2015年4月17日】のアーカイブ

 悪夢です。ビルじゃありません。広島カープは1年前の今頃は絶好調で、一時はセ・リーグ首位にも立ちました。今年は下馬評が一段と高く、優勝候補に挙げられてもいたのに・・・。

 でも、まだ始まったばかり。鯉の季節5月5日に向かって挽回してほしいところです(個人的な願望)。

 パレスサイドビルでは、カープの成績には関係なく、今年も地下1階・1階のアーケード街中央廊下の吹き抜けに、恒例の鯉のぼりと武者のぼりがお目見えしています。今週日曜に設置したばかり。館内のテナントで働く皆さんはもちろん、通勤通学の途中にビルを通る近隣の方などの目を楽しませています。

 館内の飲食店や商店の有志で組織する「パレスサイドビル名店会」(会長・島田幸正「ジャポン」店長)が、来館者に季節感あふれる日本伝統の風習に触れ てもらおうと、6年前から毎年「鯉のぼり祭り」を開〇DSC_5344トリ小.jpgいているのです。今年は第7回目になります。

 中央吹き抜け部分には吹き流しと黒い真鯉、赤い緋鯉、青い子鯉が泳ぐように配置されています。東西の夢の階段の上には、長さ7メートルもの武者のぼりが飾られ、吹き抜けの東西の壁にも、東側2枚=写真㊧㊤、西側1枚=写真㊧㊦=の花柄や羊な〇DSC_5347トリ2小.jpgどを描いた染め物。さらに、名店会加盟各店の入口には小さな鯉がつりさげられています。

 これらは、奥美濃の小京都と呼ばれる岐阜県・郡上八幡に伝わる「郡上本染」。県の重要無形文化財に指定されている紺屋「渡辺染物店」の渡邊庄吉さんが400年以上前から伝わる技法で染め抜いたものです。もち米糊で輪郭大豆汁にとかした顔料で記事を染める「カチン染め」という技法で、吉田川を流れる冷たい雪解け水での「寒ざらし」作業が色を引き締め、褪色しない製品を産むのだそうです。x第7回・鯉のぼり祭り小.jpg

 鯉のぼりの飾りは59日(土)までの予定です。430日(木)、51日(金)には地下1階、1階の名店会のお店を利用した先着4000人に、名店会オリジナル煎餅をプレゼントします。のポスターを目印に、是非ゲットしてください。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

April 2015

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑