「千代田区一斉清掃の日」が66日に実施され、パレスサイドビルも、館内テナントのみなさんら総勢193人が参加し、ビル周辺などでごみを拾いました=写真。みなさん、お疲れ様でした。

 一斉清掃は、千代田区に住み、あるいは働いている人たち自身が、街を美しくしていこうと、「区生活環境条例」に基づいて毎年6月と11月に行われています。パレスサイドビルも趣旨に賛同し、スタート当初から参加しています。

 この日午前8時、竹橋交差点前の西口玄関前に集合。梅雨入り直前で、真夏日になったこの日、集合時点で気温は25度近く、日差しもあって蒸し暑い中、参加したみなさんは、ビル側が準備した軍手、ゴミを拾うはさみ(トング)、ゴミ袋などを受け取った参加者は、ビル周辺に一斉に繰り出し、 30分にわたって汗を流しました・・IMG_20190606_082817.jpg

 毎回、多く参加してくださるのは、そろいの黄色い蛍光色のウィンドブレーカー姿のNTTビジネスアソシエ83人、黒いジャンパーのファミリーマート34人など。今回、初めてメディアドゥから藤田恭嗣社長以下19人が参加してくださいました。ビル社員、設備管理、清掃などの委託会社員も計36人が参加しました。

 拾ったごみは東正面玄関前に集めて仕分けしました=写真45リットルの袋で13袋(可燃ごみ7袋、不燃ごみ3袋、空き缶、ビン、ペットボトルが各1袋)。千代田区が回収しました。

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビルの夏を彩る恒例の七夕飾りが今年も、ビル1階・地下1階中央廊下の吹き抜けにお目見えしています。7月6日(土)まで。

 ビルの飲食店・商店の有志で作るパレスサイドビル名店会(岡田洋明会長=「ティールーム花」を運営するさかえ㈱社長)が、季節を感じ、日本の庶民の伝統行事を楽しんでもらおうと毎年、「七夕まつり」として企画しているもので、ビルの夏の風物詩としてすっかり定着しています。

 中央廊下吹き抜け部の東西にある「夢の階段」を降りたところには、それぞれパイプで組んだ小さなゲージに天の川をイメージしたLEDイルミネーションを配し、両ゲージの間にも10鉢の笹を置IMG_20190603_121717.jpgき、これらに、思い思いの願い事を短冊に書いて、下げていただくという趣向。初日の昼は、まだパラパラとまばらに見える程度ですが、早速、なにやら願い事を熱心に書き込む方もおられました=写真㊨

 吹き抜けの天井からは、オレンジ、黄色、青、紫の大きなぼんぼり12本が垂れさがり、雰囲気を盛り上げています。

 名店会は、「七夕まつり大抽選会」も実施しています。名店会加盟の各店でご飲食・お買い物をされた方にスタンプラリーカードを配布し、1回の利用500円以上でスタンプ1個、これを5個集めるとガラポン1回の抽選権を獲得できます。抽選は6月28日(金)と7月5日(金)、それぞれ11時30分~14時、17時30分~の2回に分けて実施します。

 賞品は豪華です。下の表のように、金賞=ダイソンの空気清浄ファン(2本)、銀賞=任天堂の最新ゲーム機(3本)など総額100万円超。乞う、ご期待です!!

・賞品.jpg

comment(0) , trackback(0)

 東京はまだ梅雨入りの気配はあんまりありません。関東甲信地方の梅雨入りは平年なら6月8日、昨年は6月6日でしたが、今年はどうなるでしょうか。

 さて、それでも梅雨はやってくるし、近年はゲリラ豪雨など、局地的に短時間に猛烈な雨が降って、必ずしも低地でなくても道路が冠水するといった例が増えています。ということで、パレスサイドビルは水害の発生に備えた「水防訓練」を26日に実施しました。毎年、梅雨入り前のこの時期にやっているものです。

 今年の訓練には、毎日ビルディング社員をはじめ、ビル警備をになうアイングと毎栄、設備管理を委託しているグローブシップ、清掃を委託しているセイビの担当者を含め、計約60人が参加し、真剣に取り組みました。

 今回初登場したのが、地下1階東側の「サービスヤード・IMG_20190526_133202.jpg」の防水板。エレベーターホール近くに自動ドアの出入口があり、外にごみ置き場があるところで、荷物の搬出入にも使われます。地上からスロープになっていてトラックなどが降りてこられる構造なので、地上が冠水すると水が流れ込んでくる恐れもあります。

 この出入口一番上の写真=と、すぐ外のごみ置き場近くにあるエレベーター=写真㊨=の2カ所に、高さ40センチほどの防水板を設置します。近くの壁にかけてある板をはずし=写真㊦㊧=、アームを操作してゴムのパッキングを左右に押しつける仕組み=写真㊦㊨。1人で運べる軽さで、処置も簡単な優れものです。