2023

22

11

古代の息吹を 「アンデスのツボ」展は来月2日まで

 日本・ペルー両国の外交関係樹立150周年を記念した展覧会「アンデスのツボ―器で旅する北ペルー―」(天理大学附属天理参考館主催)が12月2日まで、千代田区神田錦町1の東京天理ビル9階「天理ギャラリー」で開かれています。会期末まで、あと10日。古代の息吹に一度、触れてみては。

 ペルーを中心とする中央アンデス地帯では古代文化が栄え、各地で多種多様な土器が誕生しました。19世紀後半以降、考古学的価値の評価が高まった結果、贋作づくりが盛んになりました。本展はペルー北部地域の土器資料の真作と贋作を展示するというユニークな試みで、動物や果物を模した土器や、贋作など天理参考館(奈良県)所蔵の約60点が並びます。

 同館は「インカ帝国のイメージが先行する中央アンデス地帯ですが、本展を通じて多様な文化の存在と現代ペルー社会に生きる人々のたくましさを感じていただければ」と説明しています。

 開館は午前9時半~午後5時半で、日曜は休館。入場料は600円、高校生以下は無料。

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

February 2024

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑