2020

7

7

七夕なのに梅雨空・・・花を愛でよう

 きょうは七夕! でも、梅雨前線が日本列島に停滞していて天気予報は芳しくありません。九州の大雨は痛ましい限りです。早く雨よ、止んでくれ。東京でも、今宵は年に一度の織姫と彦星の逢瀬を見るのは難しいかな?

 この時期のお昼休み、雨が降っていなかったら、パレスサイドビル屋上で憩いのひと時を過ごしてみてはいかがですか。午前11時半から午後2時半まで、3時間開放しています。

 このほど屋上の各所に配置しているプランターに追加植え込みを実施しまして、花や植物の種類が増えておりますよ。ヒマワリ、ペチュニア、アイビー、ダリア、エニシダ、イベリス、エレモフィラ、バーベナ、マリーゴールド、ゴールデンレモンタイム、シロタエギク、アベリア、コニファー、オリーブなどなど。

 花の名前を教えてくれるアプリを利用して、チェックしてみると楽しいかもしれません。それと、これからのお楽しみが一つ。まだ咲いていないバラの苗木も植えられています。咲いたら、また写真を撮りたいと思います。

 屋上は、仕事の合間にリフレッシュするには最適なスペース。皇居の緑と高層ビル群をのんびり眺められるのは、パレスサイドビルの特権でもあります。

 さて、再び七夕の話題。梅雨真っ最中の7月7日は、晴天に恵まれにくいのは当たり前ですよね。新暦だから仕方がないのです。有名な仙台の七夕まつりなど、各地のイベントは月遅れの8月7日を中心に行われています。

 国立天文台は「伝統的七夕」を提唱しています。旧暦の7月7日に近い日として「二十四節季の処暑を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目」(同天文台ホームページより)と定義しています。ふう、難しい。ちなみに、今年は「8月25日」だそうです。うん、なんか晴れそう!

(0)

トラックバックURL: https://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1323

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

August 2020

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑