2019

4

1

嗚呼、スカイツリーが・・・

 新年あけましておめでとうございます。

 さて、年明け早々、ちょっと残念なお知らせです。パレスサイドビルの屋上は、東京都心でも例を見ない屋上庭園として、入居テナントの社員さんを中心に親しまれています。南側の皇居(江戸城)の緑、その彼方に並ぶ高層ビル群という絶景に、癒されるという方も多いことでしょう。

 反対に北側はと言うと、すぐ裏に如水会館が迫るなど、南側の絶景にはかないませんが、東京スカイツリー(2012年オープン)が見られるのが、ひそかな自慢でした。

 ところが、ところがです、見えなくなっちゃったんです。もうお気づきの方も多いかもしれません。上の写真をご覧ください。201711月、201811月(いずれも総合防災訓練の時のスナップ)。ビルの建設が始まったのです。

 位置関係を下の地図で確認しましょう。

 一番上の写真の右側に見える青っぽいビルが住友不動産神田ビル(千代田区神田美土代町7番地、地上20階建て)で、左隣の建築中のビルは、その約100メートル西と言う位置関係で、まさに、スカイーツリーとの線上(直線で約5キロ)に立ちはだかっているという次第。

 ちなみに、2012524日の当ブログ「パレスサイドビル from スカイ

ツリー」(https://www.mai-b.co.jp/guide/2012/05/24/#000367で紹介しましたが、519日毎日新聞朝刊の東京版に、スカイツリーの「展望デッキ」(地上350メ・20120518dd1dd1phj363000c 60%.jpg

ートル)から撮影したパレスサイドビルの写真が掲載されていました=写真㊨。毎日新聞とうきょう支局の平井桂月記者が撮影したもので、200ミリ望遠レンズを使い、トリミングしたとか。皇居の緑をバックに、いい雰囲気に映っています。こういう写真も、もう撮れないということでしょう。

 

・IMG_20190104_121904 20%.jpg

でも、「救い」もあります。屋上を東(白山通り側)に行くと、住友ビルと建築中のビルのかすかな隙間に、辛うじてスカイーツリーが拝めるスポットがあるのです=写真㊧、㊦

 どうぞ、目を凝らしてご覧ください。

(0)

トラックバックURL: https://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1239

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

December 2019

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑