2013

18

3

靖国神社の桜はもう2~3分咲。今年は祭り泣かせ、虫泣かせ

 東京では桜の開花宣言が16日(土)に出されました。パレスサイドビルから徒歩で18分、1.5㎞の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木の花が咲いたことからです。平年に比べ10日、比較的遅かった昨年より15日も早く、同様の観測方法を始めた1953(昭和28)年以降では02(平成14)年と並んで最も早い開花だそうです。標本木の花は18日には早くも2~3分咲きとなり、訪れた観光客らは盛んにシャッターを押していました。(写真は標本木の桜=18日現在)東京では25日ごろに満開になるという予報なので相当早い桜の季節になるようです。

 この予想以上に早い開花であわてたのが「さくら祭り」の関係者ではないでしょうか。千代田区では千鳥ヶ淵緑道、北の丸公園、靖国神社など桜の名所を中心に開く「千代田さくら祭り」を当初、29日から4月7日まで開く予定で、期間中午後10時までLEDによるライトアップなどを計画していました。しかし、ライトアップは急きょ22日からスタートすることにしたほか、4月6、7日に神田神保町の古本屋街や九段下、パレスサイドビル前などまで延長して運行する無料シャトルバスを3月30,31日の土、日曜も追加して運行することになりました。

 それにしても、2月までは平年に比べかなり寒く、3月に入って一気に暖かくなった今年の陽気には桜ならずとも惑わされています。1月下旬には咲く水仙の花は各地で約1か月遅れとなり、「水仙まつり」の期間を延長したり、満開にならないまま閉幕したところも少なくありません。梅もやはり開花が遅れ気味で、2月16日~3月20日までの予定だった埼玉県・越生梅林の梅まつりは期間を3月24日までに延長になりましたが、暖かくなった先週からは急に花が開き、紅梅はかなり散ってしまったとか。少し遅い白梅はやっと満開になったそうです。

 ソメイヨシノの桜より1か月ほど早く咲くカワヅザクラは、やはり開花が遅れ気味でした。静岡県河津町では今月になってやっと見ごろを迎えたかと思うと、海岸に近い方のカワヅザクラはもう葉桜に。神奈川県・三浦海岸でのカワヅザクラの「桜まつり」は2月9日から3月10日までの予定でしたが、開花が遅れていたということで24日まで会期を2週間延長。しかし、このところの気温の上昇により花は急に進んで、15日現在で葉っぱも目立つようになり「楽しめるのもあとわずか」だそうです。

 この調子だと、今咲き出した桜はパッと散ってしまうかもしれません。やっと出て来た虫たちにとっては花の蜜を吸う期間は相当短くなってしまいそう。今年はまったく、祭り泣かせ、虫泣かせの天候です。

(0)

トラックバックURL: https://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/575

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

December 2019

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑