2017

7

8

1分1秒を争う緊急事態に備え・・・上級救命講習

 パレスサイドビルは、テナントの皆さんやビル社員、協力会社員を集めた2017年度の「上級救命講習」を6日、地 下1階毎日ホールで開催しました。急病人やけが人の発生、とりわけ心肺停止など1分1秒を争う緊急事態に対応できるように、「1事業所に1人以上の上級救命講習修了者の配置」を目標に、2014年から本格的に実施しているもので、今回は17人が受講しました。

 公益社団法人東京防災救急協会の講師を迎えて午前9時~午後5時の8時間、昼食休憩を挟んでみっちり取り組みました。座って、講義を聞いて、睡魔との闘い・・・という講習も多いようですが、この講習は、なんといっても実技中心という特徴があります。講師の説明をちょっと聞いた後は、とにかく声を出し、体を使い、瀕死の状態の人を助けることに徹した訓練を繰り返しました。

 こうした救命講習は、市区町村の消防局や東京消防庁のような消防本部が指導し、認定する公的資格の一つで、半日の「普通救命講習」と終日の「上級救命講習」があります。当ビルで実施しているのは「上級」で、成人への心肺蘇生法だけでなく小児・乳児・新生児に対する蘇生法も学ぶのが大きな特徴です。P8060341トリ2.jpg

 止まっている心肺を蘇らせる蘇生法は「胸骨圧迫」。よく、「人工呼吸」と言いますが、正確には、蘇生術は、心臓を動かす「胸部圧迫」と、肺に息を吹き込む「人工呼吸」の2本立てです。

 「胸部圧迫」は、成人では胸の真ん中に手の付け根を置き、両手を重ねて体重をかけ、肋骨ごと約5センチ沈むように圧迫します=写真㊤。一方、小さい子供に同じようにやったらつぶれてしまうので、16歳未満の「小児」は片手の手のひらで胸骨の下半分の位置を、胸の厚さの3分の1が沈むまで押し、1歳未満の「乳児」は胸の中心やや下を指2本で圧迫する=写真㊨=といった具合です。

 この胸部圧迫を、1分間に100~120回のペースで30回したら、肺に息を吹き込む人工呼吸2回、そしてまた胸部圧迫・・・と、救急車が到着するまで続けます。やってみると相当の重労働です。実際には、複数の人が交代でやらないと続けられないでしょう。

 さらに、救★P8060351.jpg命の大きなカギを握るAED(自動体外式除細動器)の操作も重要な訓練項目です=写真末尾。これは、機械を持ってきて、スイッチさえ入れれば、機械が声で手順を支持し、これに従ってあわてずにやれば、概ね。うまくできるようになっています。

 このほか、応急手当では、やけど処置や骨折固定などがありますが、今回は三角巾を使って、頭部のけがの止血=写真㊧や、骨折などで傷ついた腕をつりさげる実技などを教わりました。

 全教程を修了し、全員合格。後日、消防長認定の「救命技能認定証」が交付されます。

 参加していただいた皆さん、お疲れさまでした。

★P8060334.jpg

(0)

トラックバックURL: http://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1161

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

November 2017

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑