【2018年11月 6日】のアーカイブ

 

 いきなり連想ゲーム風で失礼します。3枚の写真をご覧ください。なんでしょうか。

 ヒントは「千代田区一斉清掃の日」。はい、もうお分かりですね、11月6日がその日で、パレスサイドビルも、館内テナントの従業員さんら総勢135人が参加し、ビル周辺などでごみを拾って歩きました。その「小道具」であるトング(ゴミを拾うはさみ)=写真一番㊤、軍手=写真㊤、そして集められたごみの袋=写真㊤=です。

 一斉清掃は、千代田区に住み、生活している自分たちが、街を美しくしていこうと、「区生活環境条例」に基づいて毎年6月と11月に行われています。パレスサイドビルはスタート当初から参加しています。

 この日午前8時、竹橋交差点前の西口玄関に集合し、ビル側が準備した道具を手に、参加者はビル周辺に一斉に散り、内堀通りの植え込みの中までトングを突っ込んでごみを拾ったり=写真末尾、裏の高速道路下の喫煙シペース周辺でもマナーの悪い人が捨てた吸殻や飲み物の空き缶などを精力的に集めるなど、約30分にわたって汗を流しました。

 毎回、多く参加してくださるのは、そろいの黄色い蛍光色のウィンドブレーカー姿のNTTビジネスアソシエ72人、黒いジャンパーのファミリーマート28人など。ビル社員、設備管理、清掃などの委託会社員も頑張りました。

 拾ったごみは東正面玄関前に集められ、45リットルの袋10袋(可燃ごみ6袋、不燃ごみ、空き缶、ビン、ペットボトルが各1袋)でした。

 参加してくださった皆様、本当にご苦労様でした。次回は2019年6月ですので、引き続きよろしくお願いします。