【2015年8月21日】のアーカイブ

 祝・100号・・・なんです。手前味噌ですが。パレスサイドビルが入居テナントさん向けに発行しているメールマガジンが820日、100号を迎えることができました。

 第1号が発行されたのは2007年4月10日。以来、ほぼ毎月発行を続けています。

 第1号巻頭文を再録します。

 「『散る桜 残る桜も 散る桜』と良寛さんは詠いました。この句は生き死にをかけた人間の営みを詠ったとの解釈もありますが、ここでは文字通りを受けとめることにして、迷走したサクラ前線もようやく北上し、パレスサイドビル周辺の残る桜も葉桜への装いを新たにしています。

 散る桜の後を追うように、ビルは内堀通りに面する皇居側歩道の植え込みにサルスベリの植栽をはじめます。初夏から秋まで赤やピンクの花が咲き続け"フラワーロード"の香りを皆様にお届けできると思います。

 ビル情報などを提供するパレスサイドビル・メールマガジンの発行です。ご愛読ください。」

 こんな感じで始まったメルマガ。巻頭写真など、なるべく写真や絵、図表をふんだんに使って読みやすく、と考えてきました。

メルマガ③.JPG 写真を大別すると、①花、動物、天候(雪)など自然関連=写真㊤、②鯉のぼり、七夕、クリスマスイルミネーション、大相撲のふれ太鼓といった季節の風物詩=同㊧㊤、③ビルの消防訓練、建物・設備の工事関連、献血のお知らせなどビルからの告知・PRなど=同㊧㊦――の3ジャンルでしょう。花の写真は無難というか、アイキャッチとしても効果的なので、多用しています。なにより、皇居・東御苑という、季節季節の植物を楽しめる絶好のスポットが目と鼻の先にあるのは、誠にありがたいこと。困った時の東御苑頼みって感じでメルマガ②.JPGす。

 毎月中旬(概ね15日)発行ですが、緊急の場合など、号外も発行します。例えば献血車が来る場合、本号でお知らせした後、実際に献血が行われる日の直前に号外で改めて周知するとか、大きな工事の日程が変更になった場合にお知らせするとか、です。

号外と言って、忘れられないのは2011年3月11日の東日本大震災です。まず発生翌日の12日に「地震 緊急号外1号」を発行し、エレベーター塔とオフィスがある建物とのつなぎ目部分の破損について、「この部分は大地震の揺れを吸収するために地震対策構造上検討して設けたものであり、天井面などの崩れは建物部分の大きな揺れが緩和された証左です」と説明。エレベーターとガスを安全第一の考えから止めていることなども報告しました。

 週明け14日の「地震緊急号外2号」では、週末の懸命の作業で、つなぎ目部分を14日朝までに修復、エレベーターを運転再開、ガスも復旧したことを報告しています。これ以降、電力不足に伴う節電が最大のテーマになり、当面行う節電対策として①エレベーターの間引き運転②玄関、通路、廊下、エレベーターホールなどの照度レベルダウン③ビル空調の半減運転④館内案内板等の消灯――などをお知らせして、協力を呼びかけました。この後、14日に3号、17日に4号、30日に5号、4月8日に6号、26日に7号と、主に節電関係の情報を発信。5月24日発行の8号では、電力使用量が増える夏に向け、政府の電力需給緊急対策本部が「ピーク時の最大消費電力を前年比15%削減」と決めたことを受け、ビルとしての電力抑制計画のテナント説明会の案内を掲載しました。

 これ以降は、必要に応じて適宜、号外を発行。7月5日号では「朝のエレベーター間引き運転の緩和」、8月31日には「号外 電力制限緩和号」と銘打って、電力制限令が9月9日をもって解除されるのに伴い、12日からビルの節電を緩和し、半減していたエレベーターを全台運転に戻すとこなどを伝えました。

 なお、地震4日後の3月15日に通常のメルマガ(第47号)を出しましたが、「地震緊急号外2号」で伝えた節電方針を再録したほかは、地震に直接関係するテーマは載せず、地震関連情報は号外に一本化したのでした。

 これからも、ビル管理者とテナントの皆さんをつなぐ懸け橋として発行していきます。願わくば、よい話、明るい話題満載でありますように。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

August 2015

category

カテゴリ

月別アーカイブ

月別 アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑