【2018年9月】のアーカイブ

 内戦による混乱が続くアフリカ東部・南スーダンの人々を取材した報道写真展「独立の果てに~南スーダン難民報告」(毎日新聞社・毎日新聞東京社会事業団主催)が、パレスサイドビル1階東玄関わきのフリースペースで開かれています=写真㊤。栄養失調に苦しむ子供たちや難民キャンプの様子など約40点の写真を展示。10月1日までの期間中、10~18時、どなたも自由にご覧いただけます(日曜・祭日休み)。
 南スーダンでは40年以上続いた内戦を経て2011年に独立し、国連にも加盟した〝最も新しい国〟。しかし、独立から2年後に内戦が勃発して泥沼化し、民族対立も深刻。日本も国連の平和維持活動(PKO)に参加していましたが、派遣中の自衛隊の日報がきちんと保管されていなかったことで「南スーダン」の名を知った方も多いかもしれませんね。とにかく、国民は大変な苦労をしていて、全国民の約3分の1に当たる400万人以上が故郷を追われ、約250万人が難民となり、厳しい生活を続けているとのこと。食糧不0624対社.jpg足のため100万人の子供が栄養失調に陥っているそうです。

 毎日新聞社と毎日新聞東京社会事業団は1979年から「海外難民救援キャンペーン」を続けていて、今年4月に南スーダンと隣国のウガンダに記者とカメラマンを派遣して約1カ月間、避難民キャンプや小児科病院などを取材、6月に「独立の果てに:南スーダン難民報告」を5回連載=写真㊨。9月1日には夕刊で1ページの特集「南スーダン難民の宝物」=写真㊦=を掲載するなどしています。この「宝物」は、12人が「手作りのサッカーボール」(上段中央の男の子)、「伝統楽器」(下から2段目右端の男性)などを手にした写真が並びますが、「出産後に避難した」という10カ月の子供を抱くお母さん(下段中央)が印象的です(写真展でも展示)。
 なお、毎日新聞東京社会事業団は世界の難民や子どもたちを支援する「海外難民救援金」を募集しています。現金書留または郵便振替で受け付けます。〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団(電話03・3213・2674)「海外難民救援金」係(郵便振替00120・0・76498)。

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビル1階にオープンしたのはなんでしょう。受付では、なぜか巨大なクマさんがお出迎え=写真㊤

 9月3日にオープンした千代田区の障害者よろず相談窓口「MOFCA(モフカ)」です。1階のほぼ中央の南(皇居)側で、前はダイソーの100円ショップ(5月閉店)があったところ。広さは135平方メ・IMG_20180905_123453.jpgートルあって、全体に茶系の落ち着いた色調で統一しています。写真㊨の廊下からの写真の赤丸のところが受付カウンター。クマさんが座ってお出迎えしてくれます。とかく堅いイメージの役所の窓口を、やわらかく演出しようということでしょうか。

 パ千代田区20180904都内版.jpgレスサイドビルに本社を置く毎日新聞の都内版(4日朝刊)は、3日の開設式の様子を大きく報じています=写真

 相談所の一番のセールスポイントは、ビルにいる方ならお馴染み、窓からの皇居のお濠や石垣、樹木の借景です。いろいろ心配ごとなどを抱える障害者の方、またご家族など関係者の方がリラックスして相談できるといいですね。もっと落ち着けるように外部の音や光を遮断した個室もあるそうです。また、フリースペースなども設けられています。

 運営は民間会社に委託され、そこの社会福祉士や精神福祉士など専門家5人ほどが常駐して、障害者に関するあらゆる相談に応じてくれるとのことです。

 月~金曜の午前9時~午後7時オープン。問い合わせは同相談所(03・6269・9755)。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

September 2018

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑