【2018年8月】のアーカイブ

 パレスサイドビルが今週、テレビ東京の「朝の!さんぽ道」に登場しました。8月27日(月)午前7時45分前後でした。

 この番組は、2017年4月3日に始まった「ほんわか散歩番組」で、月~金曜の午前7時35分~8時に放送。「今話題になっている街を訪ね、様々な人にふれあいながらブラブラ街を散歩します。『あっ!』と驚いたり、『へ~!』と感心したり、思わず声に出したくなるような不思議なモノや人を探していきます」(番組ホームページより)とのこと。

 27日の週のテーマは「皇居」。レポーターのタレント、中山エミリさんが九段下から順に時計回りに1周です。

 初日の27日は、「江戸東京ガイドの会」の高田隆子さんが案内。日本武道館、靖国神社から始まり、▽街道沿いの「高燈篭」はビルなどのない時代は灯台として品川沖からも見えたこと、▽「九段坂」は江戸時代には文字通り9つの段差があり、関東大震災の後に整備されなだらかな坂になったこと、▽皇居の「田安門」は、皇居に現存する最古の門で、門を抜けると小さな広場があり、右の別の門を通って出る「枡形門」(敵が攻めてきたら広場に閉じ込めやっつける)であるなどの解説を聞・①新聞社集合.jpgきながら歩いて、竹橋へ。

 ここは大手町のいわば入り口で、地図で「毎日新聞など4つの全国紙の本社が集中していることを、まず地図で紹介=写真①

 そして、いよいよパレスサイドビルに到着です。今回のお目当ては地下1階の「タカサゴ」。江戸時代から続くレストランです=写真②。ここで、ガイドの高田さんとは別れ、中山エミリさんが、タカサゴに突撃=写真③・③ガイドとエミリ.jpg第12代店主の熊谷浩晃さんが、江戸時代には新撰組の近藤勇が訪れたという言い伝えなどを解説=一番上の写真④。お勧めのカツスパに中山エミリさんが舌鼓を打って=写真⑤、めでたしめでたし。

番組はこの後、皇居東御苑から大手町のパレスホテルあたりまで回って、この日・④エミリ タカサゴ前.jpgの分は終了しました。

 ちなみに、「タカサゴ」の歴史は、高瀬屋七兵衛が慶安3(1650)年に神田三河町(現在の内神田1丁目)で、一膳飯屋・高瀬屋を創業したのが始まりとされます。その後の変遷は、「神田学会」というNPOのサイトの「百年企業のれん三代記」(神田で三代以上のれんを守ってきた老舗にスポットをあて、初代から現在に至るまでの歴史を写真と文章で紹介)というコラムの第22回で詳し・⑦エミリ カツスパ.jpgく紹介されています(http://www.kandagakkai.org/noren

/page.php?no=22

=写真

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビルが『環境デザインマップ 日本』(建設設備綜合協会環境デザインマップ委員会編、発行・総合資格、1900 円=税別)=写真㊨は表紙=で、冒頭3つの名建築の一つとして取り上げられています。IMG_20180823_132339.jpg

 同書は冒頭3作品+全国137カ所の「環境建築」、さらにコラムなどで取り上げた建物などを含め計145作品を写真や図面、地図入りで紹介したガイドブック。

 冒頭では、環境に配慮した「環境建築のエポックメーキング作品」として、国立代々木競技場(渋谷区)、名護市庁舎(沖縄県)、そしてパレスサイドビルを、いわば〝別格〟で紹介。「公害や地球温暖化、省エネといった環境問題に対する意識の高まりとともに、建築の分野においても環境技術が発展してきた。環境に配慮した多くの建築作品がこれまで建てられてきたが、そこには時代をリードし指標となった作品がある」として、「レジェンド(伝説)と呼ぶにふさわしい」と書いています。もう、これ以上ない表現ですね、恐縮、恐縮・・・。

 パレスサイドビルのページ(見開き)=写真末尾=は「庇と雨樋の一体化」というサブタイトルが付けられ、注目すべきポイントとして「建物の四方はガラスのファサードとなっている。日射熱負荷を低減するために、南北面には水平ルーバーが、東西面には、朝と夕方の低い日射を遮るためのサンコントロールルーバーがデザインされた。南北面の水平ルーバーは雨樋と一体にデザインされ、雨樋が日除けルーバーを支える構造となっている。降雨時は雨水が流れていくのを見ることができる」とデザイン性と機能の一体化を特筆。そこに添えられた図面が一番上の写真です。

 さらに「1966 年の竣工当時は高度経済成長期で、公害問題が表面化し、大気汚染による汚れた都市の空気から建物の居住者をいかに守るかが議論された時代だった。そのような背景のもと、電動式大型ブラインド、スチール型鋼のサッシ、空調二方向吹出口、厚板ガラスフレームレス間仕切り、15mm 厚板ガラスの手摺など、この建物には現代にもつながる革新的な技術がいくつか開発された」と、その先進性も詳述しています。

 同書は縦長のB5 判変形280ページ。帯には「本書を片手に建築散歩に出かけよう!」と書かれている通り、持ち歩きを想定し、傷みにくいようにしっかりしとした作りになっています。インタビュー記事や、専門家の解説などもふんだんに掲載し、読みやすいように工夫されています。