2018

24

7

パレスサイドビル商店街にプール出現?! 五輪まで2年のイベントです

 7月24日は東京2020オリンピック開幕までちょうど、あと・IMG_20180724_122858トリ.jpg2年になります。これに合わせ、東京2020オフィシャルパートナーである毎日新聞社の記念イベントとして、パレスサイドビルに今週から「竹橋・仮想スタジアム」が登場しています。

 何が「仮想」か。写真㊤の場所はパレスサイドビル地下1階のコンコースです(後方に「夢の階段」が見えますね)。ここにプールが出現し、今まさに、お嬢さんが飛び込もうとしている・・・。そう、ちょっとした目の錯覚を利用した「だまし絵」で立体的な写真が撮れるんです。写真㊨をご覧ください。床には絵が書いてあるだけですが、絵のスタート台のところに立った人を、下・IMG_4482.jpg方赤丸で囲んだところから矢印方向に撮ると、写真㊤のようになるんです。なかなか臨場感ある写真でしょ?

 同じように、陸上のスタートラインが写真㊧のような感じ。

 ご安心ください。若者でなくても楽しめます。ほろ酔い加減のおじさんも、表彰台に上がれば、この通り=写真㊦㊧。これも、写真㊦㊨の赤丸の部分は床に描いた絵です。

 さあ、みなさんもメダリストになった気分で、バチバチ撮影してください。そして、撮影した写真は、SNSで拡散いただき、東京2020オリンピック・パラリンピック2年前を盛り上げてください。#は、「#Tokyo2020」「#あと2年」「#毎日新聞社」です。

 さらに、毎日新聞号外に写るコーナーもあります。写真㊦は毎日新聞の24日朝刊スポーツ面の記事。モデルは大会組織委員会戦略広報課係長でオリンピック2大会に出場した伊藤華英さんです。23日に見学に訪れた際に、新聞の号外の特設の大きな枠に入ってポーズを決めた写真が記事に載っています。自分がメダリストとして新聞に登場したような雰囲気を味わえます。

 このほか、毎日新聞社1階受付前、西コアのエレベーターホールには、空手で金メダル獲得が期待される"空手四天王"といわれる清水希容、喜友名諒、荒賀龍太郎、植草歩各選手と、毎日新聞CMキャラクターの是永瞳さんの等身大写真が躍動しています=写真末尾。床面に貼られた「事実をまっすぐ。毎日を、未来につなぐ」のコーポレートメッセージとともに、迫力あふれるエントランスに様変わりしています。こちらもご注目ください。

 また、東1階の玄関脇のフリースペースでは、大会情報や1964年の前回東京五輪の際の聖火リレー写真などのパネル展示もやってます。

 このイベントは8月31日まで(パネル展示は20日まで)。お子さんと、「だまし絵」の写真などを、是非お楽しみください。

(0)

トラックバックURL: http://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1215

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

December 2018

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑