【2018年5月15日】のアーカイブ

 毎日新聞本社が有楽町から一ツ橋のパレスサイドビルに移転してから、今年は52年目になります。半世紀前の引っ越し作業を記録した映画「新聞はとめられない」が日本通運のYouTube公式チャンネルで公開されています。(2017年7月19日公開)。写真㊤は半世紀前、完成間近のパレスサイドビルに引っ越しトラック(赤丸)が向かう様子です。19660923紙面.jpg

 日通は過去に企画・製作した物流関係の記録映画を順次、デジタル化して公開しているとのことで、これもその一つ。入念な計画のもと、新聞の発行を止めずに短時間で完遂された大がかりな移転作業が克明に描かれています。映像は毎日映画社に委託して製作しました。

 引っ越しが行われたのは1966年9月22日~23日。秋分の日ということで新聞を発行しない「休刊日」でした。ビルの正式な開館日10月1日より一足早い移転でした。

 映像にも登場する23日の毎日新聞朝刊社会面に「有楽町よさようなら 日通〝史上最大〟の作戦」と題した記事が載っています=写真㊨。この記事や記録映画によると、ト㊧.jpgラッ ク1387台、作業員延べ7500人余を動員し、3000トンに及ぶ大型機械類を運び、移転用の小型コンテナは延べ約2万3000個、段ボール箱約1万4000個に及ぶ「単独ビル移転では、まさに〝史上最大〟の引っ越し」でした。日通は6カ月前に「対策本部」を設置し=写真㊧㊤、作業の検討を続け、印刷機はパレスサイドの新工場に一部新鋭機を設置し たとはいえ、他にも多くの機械などを)旧社屋から搬出=写真㊧㊥(後方は有楽町駅ホーム)、パレスサイドビルに運び込みました=写真㊧㊦。編集部門のほか製作部門の移転が極めて難しかったとして、記事には「どうしたら新聞製作に支障がないように引っ越しを成功させることができるか」を考えたという担当者の談話を紹介してい ます。

 当時の新聞製作と言えば、今のように記事を通信で送り、コンピューターの画面で自由に加工し、割り付㊨.jpgけるわけではありません。鉛の活字を組み込み、記事の修正などピンセットで1字1字拾うという職人技も生きていました。その活字(重量は計数十トンに及んだとか)を、順番通り箱に詰め=写真㊨㊤、新社屋に運び込んで順番を間違えず棚に収める=写真㊨㊦=作業などを、映像は克明に伝え、最後に、新工場で新聞が印刷される様子で〆ています=写真末尾

 上映時間25分。モノクロの映像は、活字時代の新聞社の様子やそこで働く人、引っ越しに携わった人たちの表情を生き生きと伝えています。YouTubeでの視聴は「www.youtube.com/watch?v=XAVcm819bko 」。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

May 2018

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑