【2017年10月】のアーカイブ

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、10月28日で1000日になり、パレスサイドビルでも、毎日新聞社による記念イベントが行われています。

 先週お伝えしたビルの南側に国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗を掲げる「国旗デコレーション」に続き、リオデジャネイロ五輪の「オリンピック報道写真展」も始まっています。

 展示会場はパレスサイドビルの中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分。1階天井から、写真を印刷した5枚の大きな垂れ幕がつりさげられ=写真㊤、地・20171030_124313トリ.jpg下1階の通路中央部にはパネルに29枚の写真が展示されています=写真㊨

 垂れ幕は、真ん中に、2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真(幅2メートル、高さ3メートル)、両脇に1.5×2メートルの垂れ幕をそれぞれ2枚を配しています。初の銀メダルを獲得したリオ五輪男子400メートルリレーの連続写真で、メインの写真はアンカーのケンブリッジ飛鳥選手の走りを、あのボルト選手が「信じられない」という表情でチラ見している瞬間をとらえた作品。他の4枚は、第1走者の山縣亮太選手、第2走者の飯塚翔太選書、第3走者桐生祥秀選手、さらにケンブリッジ選手のゴールの瞬間です。

 地下1階のパネルの方は、体操、バドミントン、テニス、卓球、レスリング、柔道、そしてパラリンピックの車いすバスケットやブラインドサッカーなど、リオの感動を思い出させてくれる写真が並んでいます。展示期間は11月11日まで。本来は休館する11月3日、5日も玄関を開けますので、写真展をご覧いただけます。写真展の開催時間は、平日10~21時、土日・祝日10~18時。入場はもちろん無料です。(11月3日、5日は原則として商店街の飲食店はお休みです)

 ビル南側の「国旗デコレーション」ですが、台風に備えて、29日に全部の旗を巻き上げました=写真㊦。こちらは、風の状況をみて、再び広げます。旗の掲示は11月5日まで。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、この10月28日で1000日になるのを記念したパレスサイドビルの「国旗デコレーション」(毎日新聞社主催)は、正式スタートの28日を前に、27日朝に作業化完了し、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域のすべての旗が掲げられました。26日より、3階西側半分と2階一列の計51カ国・地域が増えました。

 本日は反対側の角度からの写真です。写真の左上の角が、オリンピック発祥の地、ギリシャです。その下がアフガニスタンで、あとは、縦にアルファベット順に並んでいます。オリンピック開会式の入場行進の順番ですね。そして、殿(しんがり)は開催国・日本ということで、写真㊤では右下になりますが、街路樹に隠れて見えません。

 ということで、末尾の写真は、昨日(26日)、24日に載せた写真と同じ角度の写真で、日の丸が右下にはっきり見えます。

 作業がどのように進んだかの記録が、毎日新聞の動画ニュースにあります。(https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20171024/k00/00e/040/292000c

 主な作業はつぎのような具合です。

 旗の掲示期間は11月5日まで。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、「オリンピック報道写真展」も10月28日~11月11日、開催されます。2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点が展示されます。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、この10月28日で1000日になるのを記念したパレスサイドビル南側の「国旗デコレーション」(毎日新聞社主催)は、28日のスタートに向け、日々、旗が増えていっています。

 掲示作業は夜間に行われていて、23日夜から始まり、24日朝に50、25日朝に105、そして26日朝には3~7階に計155カ国・地域の旗が掲げられました。よく晴れたこの日、青空に映えて、なかなかこれいですね。

 最終的に、2階~7階に、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗が掲げられます。

 掲示期間は11月5日まで。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、「オリンピック報道写真展」も10月28日~11月11日、開催されます。2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点が展示されます。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、10月28日で1000日になります。これを記念し、五輪ムードを盛り上げようと、パレスサイドビルの南側窓のところに、「万国旗」が掲示されます。台風一過の23日夜から作業が始まり、24日朝に、まず第1陣として50カ国の旗が姿を現しました=写真㊤。下から見上げるとこんな感じ=写真㊨=で、窓の外側に、横210センチ、縦 140センチの布製の旗が紐で括りつけられています。20171024_122551.jpg

 毎日新聞社が1000日記念のイベントの一つ「国旗デコレーション」という企画です。ビル2階~7階に、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗を、一枚の漏れもなく掲げますよ。

 正式な掲示期間は「あと1000日」の10月28日から11月5日まで。28日のスタートに向け、夜間工事で日々、旗が増えていきます。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、やはり1000日記念イベントとして、オリンピック報道写真展も開催され、2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点を展示します。こちらの期間は10月28日~11月11日。期間中、本来は休館する10月29日、11月3日、5日も玄関を開けますので、写真展をご覧いただけます。写真展の開催時間は、平日10~21時、土日・祝日10~18時)。入場はもちろん無料です。(10月29日、11月3日、5日は原則としてビル内の飲食店はお休みです)

comment(0) , trackback(0)

 インターネットのポータルサイト、Yahoo!の「映像トピックス」という動画を集めたコーナーに、パレスサイドビルが登場しました。(URLはhttps://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/133825●DSC_8030トリ小.jpg

 「映像トピックス」の「オリジナル動画」で「渋イイビル」という新シリーズが始まり、有楽町の「東京交通会館」とともにその第1号として、取り上げられています。

 画像の監修は、都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに執筆・編集活動を行う鈴木伸子さん。実は、ほぼ1年前に鈴木さんの著作『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』=写真㊨=が出版されていて、この本がベースになっての、今回の動画企画ということです。

 画像を拝見してみましょう。エレベーターホール、夢の階段、西玄関アンブレラ(大庇)が次々にア映し出され、「かっこいい」「昭和の」「ビル遺産」の文字が次々に現れます=写真㊦。続いてタイトル=一番上の写真=が登場。