2015

4

5

お待ちかね! 12日から「バラとガーデニングショウ」

 バラ好きの皆様待望の「国際バラとガーデニングショウ」(毎日新聞社などで作る組織委員会主催、公式サイト「http://www.bara21.jp」)が今年も5月12日(火)~17日(日)の6日間、埼玉県所沢市の西武プリンスドームで開かれます(「西武ドーム」から名前が変わりましたからご注意を)数十万輪のバラが会場いっぱいに咲き誇ります。

 ご存知、世界のバラと美しいガーデニングを紹介する国内最大級の祭典で、回を重ねて第17回。季節の風物詩としてすっかり定着し、過去16回の来場者は累計400万人近くになるそうです。

 今年のテーマは「デリシャスガーデン」。豪華な花をふんだんに飾ったゴージャスな「見る」ガーデンから、毎日の生活に密着した「参加、体験する」ガーデンに――来場者の意識は近年、こんな風に変化しつつあるといいます。この流れに沿って、今年は家族で食事やお茶を楽しむ屋外のリビングルームをイメージした倉本聰.jpgガーデンなどが主役になるということです。

 毎回人気なのが特別企画。ます「風のガーデン」です。北海道・富良野を拠点に活躍する脚本家・倉本聰さん=写真㊧の左側、ショウ公式HPより=の同名ドラマを覚えている方もあると思います。その舞台になったガーデンは北海道を代表するガーデナー、上野砂由紀さん=写真㊧の右側=の制作でした。今回、これをイメージした庭がお目見えします。倉本さんが名付けたバラ「岳の夢」「ルイの涙」なども初登場するそうです。

 もう一つ、話題なのが、英国貴族出身のベニシア・スタンリー・スミスさんの庭です=写真㊨㊦、公式HPより。京都・大原の古民家でハーブや季節の植物を育てて暮らすことで知られるベニシアさん。多くの人を引き付ける彼女のライフスタイルとともに、庭を再現します。

 おなじみの「ローズアベニュー」は、今年のトレンドに沿って"レッドカーペット"のイベニシア.jpgメージだそうです。特に少し黒みがかった赤いバラが人気とか。ローズスタイリストの大野耕生さんがオススメするレッドローズで彩られたアベニューをくぐれば、日常から解き放たれるでしょう。スウェーデンが生んだ名女優の名を冠したバラ「イングリーッド・バーグマン」も、生誕100年を記念して登場します。

 このほか、「イェンス・イェンセンのコロニヘーヴ 北欧のガーデンスタイル」「古谷桂子のアンデルセン物語の庭」「ケイ山田 オールドローズあふれる庭づくりHappy Garden 25」など。さらに、パティシエ辻口博啓のお菓子の家ドルチェ ローズガーデン」など見所いっぱいです。

 開園時間は9時半~17時半、最終日は17時まで(入場は終了30分前まで)。前売り券は大人(中学生以上)が1900円(当日2200円)、小学生以下無料(保護者同伴)。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600、8~22時)。

 一般公開に先立って11日の開会式の日に入場できる特別内覧会もあります。入場料は大人3000円(500円の公式ガイドブック付き)と、ちょっとはりますが、12時30分からの開会式の後、13時30分から、一足先に会場を回ることができます。ちょっと奮発してみてはいかがですか?

(0)

トラックバックURL: http://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/978

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

November 2017

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑