2012

10

7

幸せが飛んでくる

優美な花の姿に魅せられて、高級ギフトの代名詞とも言える胡蝶蘭。学名をファレノプシスという洋ランの一種で、正しくはラン科ファレノプシス属。ファレノプシスの意味は「蝶のような」ということで、その名の通り、花の姿が飛んでいる蝶の姿に似ているところから、その名がつけられました。

原産地はフィリピン、台湾、インドネシアなどで、春から秋にかけて開花時期です。日本では温室の中の温度調整で、開花時期を人為的に操作して、一年中出荷できるようにしています。とはいっても、その苦労は大変なものだそうです。温度管理、水分管理、植え替えと細かい手入れが必要で、生産者は元気で新鮮な花を送り出すだけでなく、いかに長持ちさせるかも腕の見せ所だそうです。

お値段はちょっと高め。15000円から50000円くらい。よく贈答品として使われているのは20000円前後とか。

レストランの開店祝いや、誕生日のお祝い、企業の引っ越し祝いなどによく贈られます。花言葉は、白は「清純」、ピンクは「愛」とか。色合いに関係なく共通の花言葉は「幸せが飛んでくる」。そう、まるで蝶のように......。

(0)

トラックバックURL: http://www.mai-b.co.jp/mt/mt-tb.cgi/378

Comment

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

July 2018

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑